So-net無料ブログ作成
検索選択

飲食店の店舗工事って? (中編) [開店(移転)秘話]

江ど間は目黒に新装開店をするために、工事を行っています。
さて、飲食店の店舗工事とは何をやってるんでしょうか?

今回は中編です。

前編はこちら↓
http://edoma.blog.so-net.ne.jp/2010-10-14


店舗づくりの流れをおさらいしましょう。

■店舗づくりの流れ

 ・現地調査 (採寸や既存設備の調査をします)
 ・解体・撤去 (新店に不要なものは解体します)
 ・仮設工事 (工事をするために必要なものを設置します
        不要になり次第撤去されます)
 ・電気・水道・ガス工事
 ・空調換気工事
 ・軽鉄工事 (店舗内の壁・天井などを内部で支える金属枠を作ります)
 ・厨房機器工事 (配管、配線、台・棚の制作、搬入・設置)
 ・木工工事 (店内家具、建具、壁、店外壁など)
 ・左官工事 (塗り壁・床のモルタル仕上げをします)
 ・仕上工事 (壁クロス張り、床タイル貼り、塗装工事等)
 ・その他 (看板、テーブル椅子・障子などの搬入・設置)


前編では、工事開始から1週間分の工事を紹介しました。
この中編では、開始から1週間経過後の1週間分を紹介します。


■江ど間の実例(中編)

全工程のちょうど真ん中の1週間にあたりますが、この間の
工事内容を示します。


 ・電気工事
 ・空調換気工事
 ・木工工事 (店内家具、建具、壁、店外壁など)
 ・左官工事 (塗り壁・床のモルタル仕上げをします)
 ・仕上工事 (壁クロス張り、床タイル貼り、塗装工事等)


 電気工事では、照明器具を取り付けるためのレールの設置が行われました。

DSC01487.jpg
 [照明レール(逆ハの字に2本見えるもの)]


 空調換気工事では、店外にもダクトを設置しました。厨房からの排気
を処理するためです。この後さらにファンを取り付ける予定です。

DSC01372.jpg
 [店舗裏口側の店外ダクト]


 木工工事では、客席床、客席カウンター、厨房天井・戸棚、厨房の壁
の補修、スタッフルームの壁、外観の造作、家具の取付が行われました。

 まずは客席床の縁と客席カウンターの枠組みから。左奥の出っ張りは
スタッフルームで、こちらにも壁が取り付けられています。
DSC01375.jpg
 [左奥:スタッフルーム、右中央:カウンターの枠組み、下:客席床の縁]

DSC01460.jpg
 [床板が貼られたところ]

DSC01481.jpg
 [カウンター下の壁と天板が貼られたところ]

DSC01483.jpg
 [スタッフルームの壁と入り口建具が取り付けられたところ]

DSC01484.jpg
 [巾木(壁と床の見切り材)が取り付けられたところ]

DSC01494.jpg
 [廻し縁(壁と天井の見切り材)が取り付けられたところ]

DSC01470.jpg
 [戸棚が取り付けられたところ]

DSC01471.jpg
 [客席床下の収納スペース(靴を置く予定です)]

DSC01506.jpg
 [外観の造作(途中)]


 左官工事では、厨房の床がモルタルで仕上げられました。

DSC01468.jpg
 [厨房床]


 仕上げ工事では、壁紙の貼りつけが行われました。

DSC01504.jpg
 [壁紙]


開始から2週間で既に仕上げ工程の壁紙貼りが始まりました。
本当に3週間で出来上がってしまいます。いや、出来上がって
くれないと困りますが・・・

来週には完成、引き渡し!

楽しみです。

スタッフ募集! [求人]

江ど間では、スタッフを募集しています。

興味がある方は以下のメールアドレスにお問い合わせください。

友人・知人に関心がありそうな方が居らっしゃる方はぜひご紹介ください。

応募される方は、「志望動機」を簡単に書いてメールを送ってください。
edoma@ac.auone-net.jp



「江ど間」は江戸野菜というお野菜を中心にした健康をテーマにしたお店です。
健康に興味がある元気な方、一緒に働いて、お客様を健康にしませんか?
http://www.ac.auone-net.jp/~edoma/



詳細情報は以下の通りです。


職種:ホールもしくはキッチン

仕事内容:

 ホール:接客(注文取り、料理・ドリンクの提供、お会計など)、
       ドリンク作成、食器・グラス洗いなど。

 キッチン:接客(注文取り、料理・ドリンクの提供)、調理

給与:時給950円

勤務地:東京都目黒区下目黒1-7-5 バーナードハウス1F

勤務時間:19:00~22:00

休日・休暇:日曜・祝日

応募資格

    ・元気であること。
    ・毎週1回は勤務時間を通して働けること。
    ・楽しく働きたい人。
    ・健康に関心があること。
    ・何にでも挑戦したい人。

待遇・福利厚生:まかない有。

仕事の特徴:未経験者歓迎、曜日・日数相談、制服貸与、駅近、食事あり

 将来独立を希望される方も大歓迎です!

元気な方、ご連絡お待ちしています。

目黒 江ど間 開店日決定!! [開店情報]

みなさん、大変お待たせしました。

五反田 江ど間 を7月17日に閉店してから3ヶ月弱が
過ぎようとしています。移転先探しから不動産契約、
デザイン事務所契約といろいろありました。

そしてとうとうこの日を迎えられそうです。

そう、目黒 江ど間 の開店です!!


開店日、そしてその前に開店前パーティを以下の日程で
行うことにしました。(突発的なアクシデントがない限り)

■開店前パーティ

 10/30(土) 17:00~23:00
 11/1(月) 17:00~23:00

 ミニ会席とドリンクを無料でご提供いたします。
 どなたでも参加できます。
 ぜひぜひ起こし下さいませ。

■開店

 11/2(火) 17:00~


家主 幸ノ介の惚れ込んだ場所に落ち着いた店を
構えました。ぜひぜひお立ち寄り下さいませ。

お食事もさらにパワーアップしてご提供いたします。

飲食店の店舗工事って? (前編) [開店(移転)秘話]

江戸野菜和食処 「江ど間」 は、五反田から目黒へ移転するため、
目黒店を造っている最中です。飲食店を開店するには、まず店舗
から。移動販売でない限り、店舗がなければ営業できません。

では、店舗造りとはどんなことをやっていくのでしょうか。

今回は工事の大まかな流れと、江ど間の工事の実例を写真を交えて
ご紹介します。


■店舗づくりの流れ

 ・現地調査 (採寸や既存設備の調査をします)
 ・解体・撤去 (新店に不要なものは解体します)
 ・仮設工事 (工事をするために必要なものを設置します
        不要になり次第撤去されます)
 ・電気・水道・ガス工事
 ・空調換気工事
 ・軽鉄工事 (店舗内の壁・天井などを内部で支える金属枠を作ります)
 ・厨房機器工事 (配管、配線、台・棚の制作、搬入・設置)
 ・木工工事 (店内家具、建具、壁、店外壁など)
 ・左官工事 (塗り壁・床のモルタル仕上げをします)
 ・仕上工事 (壁クロス張り、床タイル貼り、塗装工事等)
 ・その他 (看板、テーブル椅子・障子などの搬入・設置)


■江ど間の実例(前編)

 工事開始から1週間程度経過しました。全工期の1/3程度に当たります。
 この間に以下の工事が行われました。

 ・現地調査
 ・解体・撤去
 ・仮設工事
 ・空調換気工事
 ・電気・水道・ガス工事
 ・軽鉄工事

 現地調査は工事開始前から何度か行われましたが、工事開始後も
改めて細かく採寸します。

 解体工事は物件によって異なりますが、江ど間の場合は元々事務
所用にガランとした状態でしたので、作業量が多くなかったようです。
天井の撤去、天井裏の不要な配管の撤去、壁の一部取り壊し、入口
扉の撤去、ミニキッチンの撤去くらいでしょうか。

DSC01281.jpg
 [解体工事中]


 仮設工事では、仮設照明や仮設の水道が設置され、工事中のみ
使用されます。


 空調換気工事では、給排気・空調に必要な穴を壁に明け、配管をし、
換気扇、給気ガラリ、エアコンなどの機器を設置します。江ど間では、
既存のエアコンがあったのでその移設も行ないました。

DSC01303.jpg
 [給排気口とガス管用の穴、左上、中央、右下と3つ開けた]

DSC01326.jpg
 [移設されたエアコン]

DSC01331.jpg
 [換気フードと換気ダクト]


 軽鉄工事は、軽量鉄骨という金属で枠組みを作成していきます。
この枠組は壁や天井、戸棚などの骨組みになります。

DSC01346.jpg
 [カウンター上の軽量鉄骨]


 電気・水道・ガス工事では電気配線、水道管の接続、ガス管の接続
を行います。厨房機器の設置場所に合わせて配線・配管をしていきます。

DSC01351.jpg
 [分電盤への電気配線]

DSC01357.jpg
 [厨房床下に設置された上水(常温・給湯器からのお湯)・下水、ガスの配管]


1週間でここまで出来上がりました。後2週間で完成してしまう予定です。
今後の展開が楽しみです。

引き続き工事の経過をこのブログで紹介していきます。

国産がいちばん! (AERAムック)に江戸野菜が紹介されました。 [江戸野菜]

国産がいちばん!」・・・

いいタイトルですね。
国産の何が良いかって、いろいろいい面があります。

地産地消であること・・・

 これは、輸送距離が少ないことから、省エネであり、CO2の
排出量を削減できまる。
 また、同じ気候で育った食材と人間・・・、健康にも良いのです。
 そして生産・流通の頑張りから安全な食材であるとも言えます。


さて、そんな書籍において、江戸東京野菜が紹介されています。
http://www.asahi.com/food/special/kokusan/
5125mMXgg3L._SL500_AA300_.jpg

特に秋冬に旬を迎える野菜たちですね。
練馬大根、のらぼう菜、馬込三寸人参、下山千歳白菜、大蔵大根
滝野川ごぼう、金町小かぶ、東京長かぶ・・・

幸ノ介のイチオシ!は東京長かぶです。
形もユニークながら、味もおいしい!
大きめに切って蒸し焼きにするのがお気に入りです。
何もつけなくても甘くて美味しいですよ!

興味がある方は、書店やAmazonでチェック

移転先決定! [開店(移転)秘話]

江ど間が移転すると言って、一時休業してから、2ヶ月半が
経過してしまいました。

ちょっと時間がかかってしまいましたが、とうとう、ついに
移転先が決定しました。

住所は以下のとおり。
東京目黒区下目黒1-7-5 バーナードハウス102

地図はこちらをどうぞ。
http://maps.google.com/maps/ms?ie=UTF&msa=0&msid=112276755348832961319.00048d0ffc29974034fca

JR山手線、東急目黒線、都営三田線、東京メトロ南北線の
目黒駅から徒歩4分の1Fです。
そして目黒雅叙園のすぐそばです。

幸ノ介がもっとも気に入ったのは、その雰囲気です。
緑が多く水辺が近くにあり静かな環境。
じっくり探したかいがありました。
この落ち着いた雰囲気に江ど間は溶け込みたいです。


入居するビルの外観はこんな感じ↓
DSC00824.JPG


これがどう生まれ変わるのか楽しみにしていてください!!

news every. にて江戸東京野菜が紹介されました [江戸野菜]

先日、江戸東京伝統野菜研究会の大竹道茂さんからお電話を
いただきました。江ど間が江戸東京野菜に関して、いつもお世話
になっているお方です。

そう、大竹さんはいつも江ど間を気にかけてくださり、代替江戸
野菜関連の集まりで飲みに行かれると、お電話をかけてきて
くださるのです。

さて、今回はどんな要件だったかというと、大竹さんが取材を受けた
江戸東京野菜のニューステレビで放映されるとのこと。

放映日時は10/6の夕方、日本テレビの「news every.」内
でした。
http://www.ntv.co.jp/every/

私の報告が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

寺島茄子と東京うどの生産地での取材、そして採れたて野菜の
試食、日本橋かいわいの飲食店の軒先での寺島茄子の栽培、
そして日本橋の料亭「ゆかり」さんでの寺島茄子の料理の試食
を放映していました。

今後とも、地元の野菜が注目され、美味しい料理が開発されて
いくことを願います。そして江ど間もその一助となれるよう尽力
していきたいと思います。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。