So-net無料ブログ作成
検索選択
店内環境 ブログトップ

江戸野菜のカレンダー [店内環境]

年明けと言えば、いろいろ新しくしますが、
カレンダーのかけかえもやるますね。

江ど間でも年明けを機にカレンダーをかけかえました。
それも、


  「江戸野菜」カレンダー


です。

今回紹介するのは、毎月旬の江戸野菜を紹介する
と共に、その野菜を使用したお料理レシピも紹介
しているという、粋なカレンダーです。
DSC00408.JPG

残りわずかですが、江ど間でもお求めいただけます。

関心がおありの方は、ぜひ江ど間までご来店くださいませ。

新台入替! 今年の夏は快適♪ [店内環境]

昨年の夏にオープンした「江ど間」。
鉄板焼きのあるお店にはエアコンの能力不足で、
昨年は暑い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

というのも、居抜きで譲り受けたこの店舗物件についていた
エアコンは20年ものだったのです。


今年は夏本番に入る前にエアコンを入れ替えました。
P1010576.JPG


古くなって能力が低下していた以前のエアコンが新品になった
だけでも、冷房効果が上がっていますが、さらに、容量も一つ
上のレベルに上げました[グッド(上向き矢印)]


今年の夏は快適な空間でお食事を楽しんでいただけると思います。

野菜たっぷりのお料理、ジョッキまで冷やした生ビール[ビール]東京
地酒もあります。


ぜひぜひ、夏も 「江ど間」 をよろしくお願いいたします。

月曜限定! 行燈の夜 [店内環境]

みなさんはどんな環境が一番リラックスできますか?
やはり我が家でしょうか?

やはり日本人というもの、和のテイストのものはなんとなく
ホッとして落ち着くものです。古民家や古い家具、神社や
お寺、着物や扇子などの小物だってなんとなくほっとしますね。

さてさてろうそくの火ってのは万国共通のものではないで
しょうか。日本人も昔からろうそくの火にはお世話になって
きましたね。日本でろうそくといえば行燈ですね。


というわけで、江戸文化からお客様のくつろぎ空間を提供したい
「江ど間」としては、行燈風のキャンドルホルダーオーダーメイド
しました。



これを「月曜日限定で点燈します。
極力当時のようにろうそくの明かりだけというほの暗い感じを
演出します。いい雰囲気ですよ!

P1010566.JPG


女性のお客様、カップル・夫婦のお客様、月曜日に行燈の灯りで
お食事しませんか?

月曜日は比較的店内も空いていますので、お連れ様とゆっくり
くつろぎの時間を過ごせると思います。


ぜひぜひお待ちしております。

ウェルカムボードが見られます [店内環境]

私事ながら、江ど間を経営する私ども夫婦は、先月末(2009年5月31日)に
挙式しました。籍は2008年に入れていたんですけどね。


その結婚式披露宴、そして、二次会で使用したウェルカムボードが
今江ど間で見ることができます!!
P1010235.JPG


このウェルカムボードは新郎の私・・・幸乃助が手作りしたものです。
つたない字ではありますが、見てやってください。
この3つの文字にも思いをこめておりまして、式はこの3文字をテーマに
演出させていただきました。


期間限定ですので、式に参加されていない方や、もう一度見たいという方、
ぜひ一度遊びに来てくださいね。

フロアスタンドとキャンドルホルダー [店内環境]

実はキャンドルナイトでの営業を前々から計画していました。
週に1回、店内の照明落として、ろうそくの火でお食事を
楽しんでいただくという趣向です。

先日麻布十番のパティオ十番での陶器市で、陶器でフロア
スタンドを作っていらっしゃる作家さんと知り合いになりました。
デザイン性がすぐれていて一目で気に入りました。
当時そこで展示されていたのは小さなフロアスタンドだったので、
もう少し背の高いものを希望して連絡先を交換したのでした。

さらに行燈風のキャンドルホルダーも追加で要望しました。
先月になってその作家さんから連絡をいただきました。
待望の背の高いフロアスタンドを作ってみたというのです。
なんと実物を見せていただけるということで店舗まで作品を
お持ちいただけました。

フロアスタンドは2種類気に入ったものを実際に店舗に配置
してみて撮影してみました。
DSC02345.JPG

当店は床が黒系の色なので白いスタンドの方がよいように思います。

またキャンドルホルダーを2種類お持ちいただけたのでそれも
実際にカウンターにおいて撮影してみました。
DSC02343.JPG
DSC02342.JPG

とても雰囲気があって気に行ってしまいました。
実際に置いてみるとろうそくの火の熱によってカウンターの天板が
燃えてしまう可能性があって危険なことが分かりました。
そこで炎の熱が直接上に抜けないように、屋根のあるキャンドル
ホルダーを要望しました。

江戸時代の雰囲気が出るように、ちょっとデザインも見直していた
だけるように要望しました。


いつの日か、近いうちにろうそく営業ができる日をお楽しみに!
そしてフロアスタンドやキャンドルホルダーに関して、感想や
アドバイスがあればぜひご連絡ください。
店内環境 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。